石材のことが日本一わかるサイト / いしマガ

備中青みかげ(岡山)

  • HOME »
  • 備中青みかげ(岡山)

備中青みかげ(びっちゅうあおみかげいし)

◆ 採掘地・丁場

岡山県小田郡矢掛町

◆ 主な特徴

小田郡矢掛町で採掘される花崗岩。別名「備中青御影石」「讃岐青」「矢掛青」とも呼ばれています。硬く粘りがあり、きめが細かい。磨くと綺麗な光沢を放ち、高級墓石材として使用されています。

◆ 備中青御影石の有名な使用例

備中青みかげの岩質データ

分類:花崗岩

見掛け比重:2.788(t/m3)

吸水率:0.041(%)

圧縮強度:117.76(N/mm2)

深みと青味のある美しい色合い 硬く、耐久性に優れた良質石材

岡山県の南西部・備中の国に採れる「備中青みかげ」。倉敷市の西北15㎞の矢掛町は、江戸時代の山陽道の名残を残す本陣や脇本陣が今も残る宿場町。のどかなこの町で採れる、深みと青味のある色合いを特徴とする「備中青みかげ」の丁場をうかがった。

新しい丁場口で 順調な採石状況

岡山県小田郡矢掛町東川面地区で採れる「備中青みかげ」は閃緑岩で、関東・中部・関西・山陰・四国方面からの需要が多い。御影石には珍しい深みと青味のある色合いを特徴とし、墓石をはじめ土木、建築・石工事、公園、記念碑、歌碑、オブジェ等、様々な場面で利用されている。
もともとは2社で採掘していたが、昭和50年からは小野石材工業株式会社(小野富男社長)1社のみ。「備中青みかげ」は山の頂上から玉石の状態で産出するもので、平成15年3月までは山で小割りし、ワイヤーケーブルで小田川の上を通して対岸に降ろしていた。その風景から、当時は「空飛ぶ石」とも呼ばれていたことを覚えている。その後、丁場の麓からも上質材が採れるようになったこともあり、採掘の主体は下方へと。トラックを横付けできるようになり、ワイヤーケーブルはお役目を終了したという。平成28年からは丁場口がさらに東へと移り、現在は年間約500トン、月平均500〜600才ほどを採石している。
小野石材工業株式会社は昭和36年の採石開始と同時に創業、現在2人の職人(50代、60代)と小野社長が山で採石作業にあたり、加工を43歳の職人が担当している。

純子さんの加入で さらにパワーアップ

小野さんには子供さんが3人。全て娘さんなのだが、平成24年に、末娘の純子さんが家業に入ることになった。そこに至るまでの経緯を純子さんは次のように話してくれた。
「20代の時に映像関係の仕事に就き、30代で上京してIT関係の仕事をしました。そして、40代になるというタイミングで色々思うこともあり、これから何をやっていこうかと考えました。そして、それまで私がやってきたことは〝ものづくり〟で、これは紛れもなく父の影響だと。父のこだわりの一つは〝ものづくり〟を大切にする想い。それなら業種は違っても、今まで私が経験したことも少しは役に立つのではないかと思い、帰ってくることにしたんです。」

新しいことにも 積極的に挑戦

実家に戻ってきてから、純子さんは、それまであまり取り交わしていなかった契約書の雛型見直しやホームページを開設するなど、様々な取り組みに着手。時折、父親である小野社長と衝突することもあるそうだが、そんな時には母親の三千代さんが間に入ってフォローしてくれるとのこと。「母には感謝してもしきれないくらいです」と純子さん。
ホームページでは採掘場から製品になるまでの加工プロセスを紹介。備中青みかげの特徴や丁場の歴史、ここでしか産出されない理由や関東圏で愛用され続けてきたことなど、幅広い情報を発信している。
また、新しいことにも積極的にチャレンジしていこうと、終活カウンセラーの資格も取得し、終活イベントなどにも参加している。自身が学んだ知識・経験をもとに、得意先の販売支援にも役立てていきたい考えだ。さらに現在は採石、火薬の免許取得に向け勉強中とのこと。女性目線での石製品(小物)製作も始めているとのことで、そのバイタリティあふれる発想と行動力は、純子さんならではの魅力といえるだろう。

「備中青みかげ」の魅力

取材の最後に「備中青みかげ」の特徴について純子さんに説明していただいた。
「石質は深成岩の一つである閃緑岩です。日本国内で産出される一般的な花崗岩と比べると硬く、美しい青緑の色合いが特徴です。自然光の中で見ると特に美しく、深緑色と黒色との深みのある色調が際立ちます。 きめ細かい石目は、磨くと緑がかった青色の非常に美しい光沢を放ちます。原石の形状は玉石。吸水率は低く水抜けも良い、硬くて耐久性に優れた石です。墓石以外にも様々な用途に使われています。今ブレスレットを作ろうとしているのですが、閃緑岩なので「戦力になる」という縁起物にしたらどうかと考えています  現在、石は順調に採れています。パンフレットも作成しました。丁場見学も対応していますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいね  これからも家族と職人さんみんなで愛する石『備中青みかげ』を長くご利用いただけるよう努力していきたいと思います。皆様、これからもどうぞよろしくお願い致します。」

小野石材工業株式会社

岡山県小田郡矢掛町矢掛1814-5
電話:0866-82-0515

日本の石ページに戻る ≫
トップページに戻る ≫

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.