石材のことが日本一わかるサイト / いしマガ

能勢黒みかげ石(大阪)

  • HOME »
  • 能勢黒みかげ石(大阪)

能勢黒みかげ石(のせくろみかげいし)

◆ 採掘地・丁場

大阪府豊能郡豊能町

◆ 主な特徴

玉石の状態で採掘される石としても希少価値が高く、全国に販路を広げています。粘り強く、研磨による艶出しの美しい石で、記念碑やモニュメントなどで使用されています。

◆ 能勢黒みかげ石の有名な使用例

能勢黒みかげ石の岩質データ

分類:斑レイ岩

吸水率:0.00%

硬度:00.00

大阪府豊能郡豊能町。府北部の山間部に位置するこの町は、大阪の北海道と呼ばれるほど、寒さの厳しい土地である。この地で採れる能勢黒みかげ石は、ねばりがあって割れにくく、研磨によるツヤ出し効果が高いといった特徴を持つ。そのため記念碑やモニュメント制作に最適の石として、関西地方を中心に全国各地で利用されている。

能勢黒みかげ石は、玉石の状態で土の中に埋まっている。長い年月をかけて、節理(岩石の割れ目)に沿って風化がすすみ(玉ねぎ状風化)、真中の方が残って玉石となったそうだ。採石方法としては、まずブルドーザーで真砂土(まさつち・風化花崗岩)を取り除き、パワーショベルなどで掘り出す。自然が創り出したものゆえ、一つとして同じ形のものはない。

採掘元の㈱下坊石材には現在も豊富に原石がストックされている。3t〜35tの自然石をはじめ、おばけ灯篭、沓脱石、門柱なども展示しており、あらゆる注文に対応できるようにしている。特に自然石に関しては、顧客からの急な納品依頼などにも即応できる体制が整っている。

日本の石ページに戻る ≫
トップページに戻る ≫

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.