石材のことが日本一わかるサイト / いしマガ

浮金石(福島)

  • HOME »
  • 浮金石(福島)

浮金石(うきがねいし)

◆ 採掘地・丁場

福島県田村郡小野町

◆ 主な特徴

全体に金を散りばめたような美しい斑れい岩で、日本を代表する高級石材の一つとされています。墓石材としてはもちろん、現平成天皇ご成婚記念の噴水や沖縄県戦没者慰霊碑、東京駅などの建築材としても使われています。

◆ 浮金石の有名な使用例

東京駅、上野駅 など

浮金石の岩質データ

分類:斑れい岩

見掛け比重:2.997(t/m3)

吸水率:0.011(%)

圧縮強度:120.82(N/mm2)

春から秋までの採石で豊富にストック

福島県郡山市中田町で採石されている浮金石の丁場を訪れた。浮金石はその名の通り、散りばめられた金粉が表面に浮いているような美しさを持つ石で、貴重な国産黒みかげの高級銘石として知られている。黒みかげと呼ばれているが、地質学上の分類は花崗岩ではなく斑レイ岩になる。墓石のほか建築材としても使われている石だ。

採石場のある山は黒石山という名前で、黒い石が採れたところから名前の由来があるのだろうか。標高896m。平地との気温差は5度前後あるようで、冬場は水が凍ってしまい採石ができない。1年のうちで春から秋にかけての約7カ月間で採石は集中的に行なわれているようだ。
現在、浮金石を採掘しているのは㈱石の協栄(宗像義治社長)一社のみとなっている。同社ではワイヤーソーを導入しており、効率的で安全な採石が行なわれている。
宗像社長によれば「従来の発破作業によってできる火薬傷もなく、高さ10mを超える大材もスムーズに切断でき、歩留まりも良い」とのこと。貴重な銘石を大切に扱いたいという気持ちもうかがわれる。

ワイヤーソーでカットされた石の表面はやや白っぽくも映るが、岩肌を見ると浮金石ならではの黒味がある。
採石作業をしている方の話によれば「ここは難しい丁場です。他の石の丁場で重ねや二番と呼ばれているキズがありますが、この山では縦横無尽にキズが入っているので、岩盤を読むことがなかなか難しいのです」とのこと。ワイヤーソーによって歩留まりが向上したとはいえ、墓石として使えるものは5%前後になるようだ。
浮金石の埋蔵量は十分にあり、枯渇する心配もないが、高い品質のものを出すためには何重ものチェックを経なければならず、それなりの時間を要する。しかも採石できる半年強の期間で1年分を賄わなければならないため、丁場での作業は忙しいという。

「いい層に当たったと思っていても細かいキズが出る場合もありますし、逆にこの場所はあまり良くないだろうと思っていても意外にきれいな状態の石が採れる場合もあります」と現場の声である。長年の経験を積んでいても、切ってみなければわからないこともあるという。
同社の品質管理の目は厳しい。切り出した原石に水をかけて状態をチェックするのはもちろん、数日間寝かせてから再度チェックし、その上で工場に運んでいるという。切り出したばかりの時には気づかなかったキズが見つかることもあるそうだ。

「当社では浮金石のほかに十万石青みかげの丁場でも採石していますが、それぞれに山の特徴というものがあります。浮金石の岩盤の特徴をつかむには経験に頼る面が大きいので、若い人に早くから経験を積んでもらいたいと思っています」と丁場のベテラン職人は語っている。

工場での品質管理

㈱石の協栄は採石だけでなく加工も行なっている。丁場での品質管理以上に工場での品質管理はシビアだ。採石と加工を一連の流れの中で行なうことによって、浮金石の品質をより確かなものにし、ブランド力を維持することができているのだろう。

「当社はもともと加工をしていて、それから採石に入りましたから、加工する立場から石を見ています。工場で石を見る目と山で石を見る目。その両方をあわせ持たないと浮金石の品質を維持していくことは難しいと思っています」と宗像社長。加工に熟知した同社だからこそのこだわりが採石の段階でも活かされているようだ。

石の種類によって磨き方が変わってくるという話をよく耳にする。花崗岩と安山岩と斑レイ岩では磨き方も変えなければならず、どの石にも普遍的に応用できるような万能の研磨方法などはないのだろう。浮金石には浮金石の磨き方があり、それはその石の特性を熟知したものだけが知っているといえる。
「研磨後、すぐには出荷しません。浮金石の場合は数日間寝かせてから再度確認をして出荷します」とのこと。丁場でも工場でも時間をかけてチェックをすることも同社のこだわりである。切り出したばかりの状態、磨き上げたばかりの状態ではなく、時間を置くことによって石本来の状態を見極めることができるようである。
品質的にも申し分ない浮金石であるが、やはり国産の黒みかげとしての稀少価値の高さは誰もが認めるところである。さらにその独特のきらめきを持つ優美な石肌は、他にはない魅力として特筆できる。

約4千切の年間採石量で計画的に採掘が行なわれている浮金石の丁場に立ってみると、まわりには美しい空と緑が広がっている。神聖なる境地といった雰囲気のもと、素晴らしい眺望を持つこの山は、日本を代表する銘石のひとつが産み出される場所としてふさわしいといえるだろう。
冬の眠りに入るまで、浮金石の丁場では熟練した経験を持つ職人たちの手と目で採石が進められる。また来たいと思わせる静かで厳かな佇まいが、この丁場にはある。

株式会社石の協栄
福島県郡山市田村町細田字荒井186
電話:024-955-3191

日本の石ページに戻る ≫
トップページに戻る ≫

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.