竜山石(兵庫)

竜山石(兵庫)

  • HOME »
  • 竜山石(兵庫)

竜山石(たつやまいし)

◆ 採掘地・丁場

兵庫県高砂市米田町から加古川市平荘町の一部

竜山石 黄色系の黄竜石(こうりゅうせき)

竜山石 青系の青竜石(せいりゅうせき)

◆ 主な特徴

黄色系の黄竜石(こうりゅうせき)、青系の青竜石(せいりゅうせき)とがある。宝殿石(ほうでんいし)とも呼ばれ・栃木県の大谷石に似ていますが、石質はそれよりも硬いといわれています。

◆ 竜山石の有名な使用例

生石(おうしこ)神社

竜山石の岩質データ

分類:凝灰岩

吸水率:0.00%

硬度:00.00

兵庫県高砂市米田町から加古川市平荘町の一部にかけて採掘されている「竜山石」は凝灰岩で、青・黄・赤色の三種あり、青竜石、黄竜石、赤竜石とも呼ばれている。また、採掘場の一角に竜山石をご神体にした神社「石の宝殿」があることから、宝殿石とも呼ばれている。

竜山石は昔から土木・建築材(間知石、張石、門柱、石塀)に利用され、「古墳時代の中期には、近畿地方の広範囲で王者や大豪族の墓として使われていた」という歴史研究者による調査結果もあるようだ。近年では主に土木・建築・記念碑などとして使用されているほか、産地では石灯りや花器、コーヒーカップ、湯のみ、ぐいのみなど、暮らしの中で活用できる製品づくりも行なわれている。

竜山石の採掘場の真ん中に日本三奇の史跡・石の宝殿「生石(おうしこ)神社」がある。この神社の御神体は、竜山石をそのまま四角にくり貫いた巨石建造物。幅6.4m、高さ5.7m、奥行き7.2mで、裏側に四角錐の突起がある。三方を岩に囲まれ、池に浮かんでいるように見えるため、「浮石(うきいし)」とも呼ばれている。

この石の宝殿、誰がいつ、何の目的で作ったものなのか分かっていないが、神社の伝説によると、神代の昔、大穴牟遅(おおあなむち)、少毘古那(すくなひこな)の二神が、出雲の国から播磨の国に来た際、石の宮殿を作ろうとして一夜で現在までの形を作った。しかし、途中で播磨の土着の神の反乱が起こり、宮殿造営を止めて反乱を鎮圧したという。そのため夜明けになってしまい、この宮殿を正面に起こすことができず、現在の状態になっている、と伝えられている。

竜山石は古より重宝されているブランド銘石であり、今も、その歴史をしっかりと刻み続けている。

日本の石ページに戻る ≫
トップページに戻る ≫

PAGETOP