石コラムVol.18 英文字の墓碑銘

墓石に彫刻する文字(墓碑銘)で一般的なものが家名です。洋型墓石であれば「○○家」、和型墓石であれば「○○家之墓」となります。主に書体は隷書、草書、行書、楷書の中から選ぶことになります。

しかしながら、最近の墓碑銘は多様化してきています。家族形態の変化、個性尊重の風潮、洋型墓石の普及、宗教意識の希薄化、両家墓の増加など、そうした時代背景の中で、墓碑銘にも家名以外の言葉が用いられることも多くなってきました。

自由な言葉を刻む墓碑銘として人気のある言葉には、「和」「心」「愛」「絆」「慈」「夢」「永遠」「やすらぎ」などがあり、新しい霊園を見て回るとこれらの言葉をよく目にします。また、「LOVE」「FOREVER」「DREAM」といった英文字の墓碑銘も目にする機会も増えてきています。

「LOVE」と刻まれた石碑

和型墓石に家名を刻む場合には、文字を彫る位置も大きさもある程度決まっていますし、書体も限られていますが、洋型墓石に英文字を刻む場合には位置・大きさ・書体の自由度が高くなり、選択肢が広がります。

墓碑銘は、書体やレイアウトだけでなく、墓石の種類や彫刻の仕方によっても趣が変わってきます。また、彫刻部分にどんな色を入れるかも重要でしょう。英文字の場合、日本語と比較して文字が細くなり文字数が多くなることが普通ですが、黒御影石などの場合には金文字にするとエレガントな雰囲気になり文字も映えます。

墓碑銘を石碑の中央に置くのと角に置くのとでは、同じ書体の言葉であっても趣が違ってきます。石材店にそれぞれのケースに合わせたレイアウトパターンを提案してもらっても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です